住むところに迷っているなら

八幡平市は大自然に囲まれ林業、農業、畜産業など、自然に囲まれているからこその産業が盛んです。安代のりんどうは生産量日本一を誇ります。
また、冬はウインタースポーツの盛んなところでもあり、安比高原スキー場の雪質に惚れ込んで、わざわざ遠くからいらっしゃる方もいます。
さらに、八幡平温泉郷をはじめとした特徴ある多くの温泉があり、美味しい食べ物にお酒に観光に、休日を満喫するにも最高の場所なのです。
東北自動車道、JR花輪線、高速バスも利用可能でアクセスも便利です。住むなら自家用車は必須アイテムではありますが…

助成金制度などが充実

八幡平市は助成金や支援が他の市町村よりも充実しています。
八幡平市に住宅を新築・増改築する場合、市内の業者施工で20~50万円と市産材を5㎥以上使用することでさらに50万円まで(あわせて最大100万円)の助成金、水洗化リフォーム工事で上限20万円分の八幡平市共通商品券がもらえます。
林業が盛んなところですので、薪・ペレットストーブ設置で上限10万円助成、というのもあります。
子育て世代なら出産祝い金(第2子以降)、保育料も国の基準額よりも大幅に軽減されているほかに、複数預ける場合は2人目が半額に、第3子以降は無料になります。
この度3歳児以上の保育料等が無料になりましたが、八幡平市の場合、給食の副食やおやつも無料で出してくれます。
医療費も中学生まで自己負担無し、産前・産後のお母さんにはお手伝いする子育て支援ヘルパーを6回まで無料で派遣してくれ、鉄道やバスを利用する高校生などには通学定期券購入費補助まであります。
これから結婚をお考えの方にもお得な助成金制度があります。(令和2年度現在)
是非、八幡平市のホームページをチェックしてみてください。

魅力あふれる八幡平市で

そんな魅力あふれる八幡平市で、私たちは生まれ育ち仕事を続けてきました。建物に携わる職人さんたちも、ほとんどが地元の人たちです。故郷を大切に、支えあいながら頑張っています。
少子高齢化、核家族化などにより、住宅の考え方も大きく変わってきました。それでも変えてはいけないことが住む人に合う家づくりだと思います。
一生に一度の大きな買い物ですから、孫、ひ孫…永く住み続けられるように、全力でお手伝いいたします。